トップ > もりやま歯科のご紹介

もりやま歯科のご紹介

もりやま歯科医院のご紹介

もりやま歯科医院は1963年4月に先代により現在の地に開院されました。
地域の方々に信頼され愛され続ける医院でありたい。
また、安全で確実な治療を提供する事を合言葉に院長・スタッフ全員のスキルアップを常に行っております。
併せて、最新医療機器の整備、専門医との連携、滅菌・消毒システムの導入、精密な診査・診断を基に患者さん1人1人に合った治療プランを立てて丁寧な治療に心掛けております。
『やり直しの無い治療を!』それが当院のモットーです。

電話番号:0185-25-3054

診療時間について

【診療時間】
月〜土
AM9:00〜12:00
PM2:00〜6:30
【医院内診療・在宅療養支援診療所】
一般・レーザー治療・往診・歯周治療・小児・矯正・予防歯科・ホワイトニング・無料相談・審美・インプラント・カウンセリング・定期健診・口腔外科・咬合・義歯・駐車場・バリヤフリー

医院アクセス

・JR男鹿線脇本駅より徒歩5分
・バス停「脇本入口」下車スグ
・駐車場:30台分の駐車が可能です。

院長紹介

【院長名】
森山 広之
【経歴】
1991年 日本大学歯学部 卒業
2001年 もりやま歯科医院 前院長より継承
2003年 介護支援専門員 資格取得
2007年 歯科医師臨床研修指導歯科医 取得
2008年 厚生労働省主催
        歯の健康力推進歯科医師等養成講習会
2009年 スタディーグループ赤坂会 アワード受賞
【所属団体】
日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医
日本口腔インプラント学会 専門医
口腔医科学会 認定医
日本大学歯学部 歯科麻酔科 非常勤務
スタディーグループ赤坂会
東京SJCD
JSCAD セレック スタディーグループ 会員
日本抗加齢医学会 会員
抗加齢歯科医学研究会 会員
【趣味】
スキューバーダイビング・読書

日本口腔インプラント学会の専門医と認定歯科衛生士について

日本口腔インプラント学会は口腔インプラント学に関わる広い学識と高度な専門的技能を有する歯科医師の養成を図り、口腔インプラント医療の発展と向上並びに国民の福祉に貢献することを目的として、専門医とインプラント専門衛生士の資格を設けており、当院ではその専門医と専門衛生士が在籍しています。

資格の取得条件

◎日本口腔インプラント学会専門医
正会員歴5年以上で、インプラントの知識と技術を有し、認定資格条件を満たしたうえで専門医試験に合格した正会員。日本口腔インプラント学会の会員数は10,000人以上ですが、専門医の数は700人程度。狭き門だと言えるでしょう。 ?

◎認定歯科衛生士
正会員歴2年以上で、インプラント治療の介助またはメインテナンスに携わり、認定資格条件を満たしたうえでインプラント専門歯科衛生士試験に合格した正会員。

専門医認定試験を受けるための条件

1. 日本国歯科医師の免許を有すること。
2. 5年以上継続して正会員であること。
3. 研修施設に通算して 5 年以上在籍していること。
4. 日本歯科医師会会員であること。
5. 専門医教育講座を 3 回以上受講していること。
6.本会学術大会及び支部学術大会に 8 回以上参加していること。
7. 本会専門医制度施行細則(以下、「施行細則」という。)に定める 所定の研修を終了していること。
8.口腔インプラント指導医 2 名(内1名は施設長)の推薦が得られること。
9. 施行細則に定めるインプラント治療の経験があること。
10. ケースプレゼンテーション試験に 合格していること。
11. 本会学術大会又は支部学術大会において 2 回以上発表を行っていること。
12. 口腔インプラントに関する論文を本会 学会誌 又は委員会が認める外国雑誌 に1編以上発表していること。

インプラント専門歯科衛生士の申請資格

(1) 日本国歯科衛生士の免許証を有すること。
(2) 2年以上継続して正会員であること。
(3) 3年以上インプラント治療の介助又はメインテナンスに携わっていること。
(4) 本会学術大会及び支部学術大会に各1回以上参加していること。
(5) インプラント専門歯科衛生士教育講座を2回以上受講していること。
(6) 口腔インプラント専門医2名の推薦があること。

CT導入による精密な治療

3D画像は、外科手術、補綴治療、矯正治療、修復治療の分野で、従来考えられなかった診断法や治療法の選択肢 を生み出しています。GALILEOSは、これらの選択肢を実現させ歯科診療に効率的に統合するために作られた製品です。信頼性のあるハードウェアコン ポーネントとソフトウェアコンポーネントで構成された画像システムGALILEOSは、歯科診療向けに開発されました。しかも、GALILEOSは個々の 診療サイドが抱える問題に対応した解決策を提供します。

インプラント設備のご紹介

CGF

CGF

骨が足りないと言われた方へ

患者さん本人から採血した血液に添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切加えずに作製した「完全自己血液由来のフィブリンゲル」のことで、インプラント治療および歯周組織再生治療など幅広い治療に活用できます。

従来よりインプラント治療に応用されていましたPRP(Platelet Rich Plasma)多血小板血も同様に患者さん本人から採血した血液を使用しますが、人工的に血液凝固剤を加えており、また作製操作も煩雑でした。CGFは添加物を一切加えずに、専用の遠心分離機を使用し凝固させますので、自然なフィブリン網目構造が形成されます。 さらにサイトカインを多く含み、長時間にわたりゲル状態を維持していることで実際のインプラント治療にもとても使用しやすく、骨移植材と混合して使用したり、歯槽骨を造成するための遮断膜として使用したり、応用範囲が広いのが特徴です。

CGFを治療に用いるメリット
1) 添加物・人工物を使用しないので感染リスクが低く、生体に安心・安全である。
2) その場で採血を行い遠心分離機(13分)で即治療に使用できる。
3) 止血作用や疼痛をやわらげたり、軟組織の治癒促進の効果も期待できる。

ソニックサージオン300

ソニックサージオン300

安全な負担を最小限にする手術方法

従来のインプラント治療時に使用する回転器具と比べると最小限の骨を安全に削ることができるので、今まで施術できなかった患者さんに対して、よりよい治療を施すことができます。 骨が薄くてインプラントができないと言われ治療をあきらめていた方も治療が可能かもしれません。
一度、ご相談ください。

▲ページトップへ

Copylight(C) 2006 秋田県インプラント.com. All Rights Reserved